「 西洋哲学 」 一覧

【活動報告】存在ってなに?ハイデガーの存在と時間から考えてみる

    哲学カフェの活動報告です。今回はハイデガーの「存在と時間」をテーマに、存在というごく当たり前に思っていることをじっくり考え、哲学的な考え方にふれる内容で

続きを見る

【活動報告】新年なので、まったり哲学入門を高岡で開催しました。

  2015年1回目の哲学カフェを行いました。高岡の大仏様は今日も穏やかな御顔でした。 本日のテーマは哲学入門ということで、古代ギリシャ哲学から中世、近世、現代までの哲学

続きを見る

新年なので、哲学入門。西洋の哲学者たちは何を考えてきたのか?

  高岡大仏のある大仏寺にて哲学カフェを開催します。   今回のテーマは、 「西洋の哲学者は何を考えてきたのか?」です。 「ヘレニズムとヘブライズム」

続きを見る

【活動報告】ハンナ・アーレント著「人間の条件」読書会と「いきの構造」から探る富山の美意識

2014年12月12、13日の二日間にわたり、劇作家の岸井大輔さんをお招きしてハンナ・アーレント著「人間の条件」プロローグの読書会と、九鬼周造の「いきの構造」をヒントに富山の美意識を探る会を行

続きを見る

【活動報告】ハイデガーについてゆるく学ぶ会

  11月の哲学カフェでは、「ハイデガーについてゆるく学ぶ会」の第2回目を実施いたしました。 主著「存在と時間」について2時間に収まる範囲で、駆け足で全体像をサラリと見ていくよう

続きを見る

【11月予告】ハイデガーの「存在と時間」について学ぶ会

  11月の哲学カフェのお知らせです。 8月に開催した「ハイデガーについてゆるく語らう会」。   ハイデガーの主著「存在と時間」の説明が中心の、あまりゆるく

続きを見る

【予告10月26日】空気を読む圧力を打破するためには。西洋哲学の立場から答えを探る。

前回の哲学カフェは山本七平の『空気の研究』を取り上げました。   その著作の中では、日本では「空気」が盛り上がって異論が言いづらい時に 「水を差す」ことで、空気が支配的にな

続きを見る

【活動報告】ハイデガーについてゆるく語らう会

    【先生】からの報告です。   ハイデガー研究の第一人者として著名な木田元さんが亡くなったということで、その追悼企画として、「ハイデ

続きを見る

【予告8月31日】木田元さん追悼企画~ハイデガーについて語らう会~

  急な告知となりましたが、8月の哲学カフェのお知らせです。 今回は、カフェでゆるくハイデガーについて語り合う会になります。   以下、先生からの伝言です。

続きを見る

【活動報告】キルケゴールの「死にいたる病」をもとに絶望を考える哲学カフェ

絶望を考える哲学カフェ 弟子の投稿です。5月18日(日)、富山市内にて「絶望」をテーマにした哲学カフェを開催しました。 暖かな春の日差しが眩しい日曜の午後、計15名の方が参加くださり、ワークを

続きを見る