【告知】哲学への招待 -『存在』するってなに?ハイデガー『存在と時間』から考える

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 哲学入門 , ,

 

次回の哲学カフェはハイデガーの「存在と時間」です。

存在って哲学のとても大事なテーマですよね。
皆さんお待ちかね、世界内存在や死への先駆などを学びます!

 

いやいや、ちょっと待って。
急に言われても何がなんだかピンとこないですよ。謎の暗号ですよ。

 

たしかに哲学というと、堅苦しくて難しいというイメージがあります。
難しい言葉も多いし、内容自体も難しいものも多いです。

 

しかし、「存在」というごく当たり前のことを深く、そして独創的に展開した人がいます。

それがマルティン・ハイデガーという20世紀のドイツの哲学者です。

彼が『存在と時間』という哲学書の中で展開した内容は今も多くの人を惹きつけています。

20世紀最大の哲学者として賞賛される一方で、ナチズムへの関与や弟子のハンナ・アーレントとの不倫などスキャンダルにも事欠かない、一癖も二癖もある不思議な人物です。

 

存在と時間とは、相反する関係でありながらも関連しているという不思議で興味深い関係です。そこを解きほぐしながら、皆さんとともに考えていこうと思います。

 

今回はクルン高岡地下街の勉強カフェにて開催いたします。

いつもの哲学カフェと異なりますが、予約申し込みは

勉強カフェのホームページからお願いいたします。

 

【イベント概要】
日時:5/24(日)13:00-15:00
場所:高岡駅地下街クルン高岡B1マルチルーム
参加費:勉強カフェ高岡会員 無料 / ビジター(非会員) 1,000円

申込先:http://benkyo-cafe-takaoka.com/study-circle

関連記事

0427img

新年なので、哲学入門。西洋の哲学者たちは何を考えてきたのか?

  高岡大仏のある大仏寺にて哲学カフェを開催します。   今回

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【活動報告】新年なので、まったり哲学入門を高岡で開催しました。

  2015年1回目の哲学カフェを行いました。高岡の大仏様は今日も穏やかな御

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【活動報告】まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

2600年の哲学史を2時間の爆速で駆け抜ける! 4月27日(日)高岡大仏のある大仏寺にて哲

記事を読む