【11月予告】ハイデガーの「存在と時間」について学ぶ会

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 イベント告知, 西洋哲学 , ,

 

11月の哲学カフェのお知らせです。

8月に開催した「ハイデガーについてゆるく語らう会」。

 

ハイデガーの主著「存在と時間」の説明が中心の、あまりゆるくない会でした。。。

やっぱり哲学の道は長くて遠いものです。「存在と時間」は枕にして寝られるほどの分厚さですからね。

 

ところがしかし。

嬉しいことに「またやってほしい!」という希望をいただきましたので、

11月にまた同じ内容で哲学カフェを行いたいと思います。

 

前回と同じく『存在と時間』のみならず、「最後の神」「言葉は存在の家」「ゲシュテル」などの主要概念にも簡単に触れていく構成になるので、なかなか充実した2時間になるのではないかと思います。

 

前回用いたレジュメはこちらからご覧いただけます。

ハイデガーについて語らう会レジュメ

 

ご興味のある方はお気軽に足をお運びください。

 

【イベント概要】

日時: 11月30日 (日)13〜15時

場所: サンシップとやま 和室1

参加費: 500円

関連記事

0427img

【予告】春なので、まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

難しい言葉が多くて分かりにくいと思われる哲学。 お茶でも飲みながら、まったりと学べる哲学カフェ

記事を読む

buhtan_photo1

哲学カフェ in 朝日町 「国民総幸福量(GNH)」について考える

なんだか気になる国、ブータン 古き良き時代を思い起こさせる国民生活と国王夫妻のキャラク

記事を読む

kuukinokenkyu

【予告9月28日】空気を読むってどういうこと?山本七平の「空気の研究」をヒントに考えてみる

  どうして空気をよめなきゃダメなの? 弟子の投稿です。9月の哲学カフェのお知らせです

記事を読む

ソクラテスの弁明

プラトンの「ソクラテスの弁明」を読む

【弟子】の投稿です。 4月27日に「西洋哲学者は何を考えてきたのか?」というテーマで哲学カフェ

記事を読む

0518

【5月18日】絶望を考える哲学カフェ 生とは何か、死とは何か?

哲学カフェでは、誰でも気軽に参加できる哲学の場を街中に作ります   生とは何か、死

記事を読む

no image

【予告6月21日】劇作家・岸井大輔さんと一緒に哲学と演劇の関係について語ってみよう 

  弟子の投稿です。 6月21日(土)、富山で演劇の活動をされている塚田さんと

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【活動報告】まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

2600年の哲学史を2時間の爆速で駆け抜ける! 4月27日(日)高岡大仏のある大仏寺にて哲

記事を読む

no image

【告知】統一地方選も近いので、選挙について考える

  月1ペースで開催の哲学カフェin富山。今回は「選挙」をテーマとします。 選

記事を読む

no image

【レジュメ公開します】哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

久々の弟子の投稿です。皆さん五月病にはかかっていませんか? 4月27日に高岡で行う哲学カフェで

記事を読む

no image

ヘレニズムとヘブライズム

  【先生】の投稿です。 ソクラテスが対話相手から知恵を引き出す「産婆法」を提

記事を読む