【予告】春なので、まったり哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

公開日: : 最終更新日:2014/04/29 西洋哲学 , , ,

難しい言葉が多くて分かりにくいと思われる哲学。

お茶でも飲みながら、まったりと学べる哲学カフェを高岡にて行います!

奇しくも、4月27日はソクラテスが毒を飲んで死んだ日でもあります。

 

哲学って何をするの?

カントの説くところでは、哲学のテーマは「真・善・美」と言われます。

頭が良さそうな言い回しがあって、思わず気になってしまいますね。

 

倫理の授業で習った用語は、なんとなく覚えているけど内容はほとんど

覚えていないよ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

無知の知とか、イデアとか。

でも哲学って自分たちの日常とかけ離れていて、とっつきにくい。

 

だけど、哲学とは決して現実とかけ離れた世界の話ではなく、

現実を出発点として、その中から生まれてくるものなのです。

実際、哲学者って何を考えてきたの?

そんな一番気になるところを、一緒に学んでみませんか?

 

【講 師】 講師の情報はコチラ

【日 時】4月27日(日)13:30~15:30

【場 所】高岡市 大佛寺(未定) 高岡市大手町11番29号

【定 員】約20名

【参加費】500円

【主催】哲学カフェ in 富山

 

お申し込みはコチラからお願いいたします。

https://www.facebook.com/events/238141046310100/

メールでも参加を受付いたしております。

cafephilotoyama*gmail.com(*を@に変更してください)

 

よくある質問

Q.予備知識がないと参加できないの?

A.予備知識も、予習も不要です。

これを機に、哲学に少し触れてみたいという興味のある方ならば、

どなたでもお気軽に参加いただけます。

自由に発言していただいてOKですし、他の参加者の意見を全否定

するようなことも決してありません。

 

Q.難しくてついていけるか不安…

A.分からなくても叱られるような事は決してありません(笑)

哲学カフェでは、難しい内容もできるだけ丁寧に教えますが

元々が一筋縄ではいかない哲学です。

内容の全てが理解できなくても、気にする必要はありません。

ここが気になる、よく分からないという気持ちは「もっと知りたい」という

やる気の原点ですから、理解できない事があっても前向きにとらえていただければ幸いです。

 

Q.特定の思想を押し付けられるのでは?

A.こういう意見を言ってはならないとか、こういう風に考えるのが正しいのだという様に

特定の思想を参加者に押し付けるような心配は無用です。

 

 

関連記事

no image

【予告10月26日】空気を読む圧力を打破するためには。西洋哲学の立場から答えを探る。

前回の哲学カフェは山本七平の『空気の研究』を取り上げました。   その著作の中

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【活動報告】新年なので、まったり哲学入門を高岡で開催しました。

  2015年1回目の哲学カフェを行いました。高岡の大仏様は今日も穏やかな御

記事を読む

0518

【5月18日】絶望を考える哲学カフェ 生とは何か、死とは何か?

哲学カフェでは、誰でも気軽に参加できる哲学の場を街中に作ります   生とは何か、死

記事を読む

cafephilo0830

【活動報告】ハイデガーについてゆるく語らう会

    【先生】からの報告です。  

記事を読む

IMG_1963

【活動報告】キルケゴールの「死にいたる病」をもとに絶望を考える哲学カフェ

絶望を考える哲学カフェ 弟子の投稿です。5月18日(日)、富山市内にて「絶望」をテーマにした哲学カ

記事を読む

no image

【レジュメ公開します】哲学入門 〜西洋の哲学者は何を考えてきたのか〜

久々の弟子の投稿です。皆さん五月病にはかかっていませんか? 4月27日に高岡で行う哲学カフェで

記事を読む

cafephilo0830

【11月予告】ハイデガーの「存在と時間」について学ぶ会

  11月の哲学カフェのお知らせです。 8月に開催した「ハイデガーについてゆる

記事を読む

no image

【予告8月31日】木田元さん追悼企画~ハイデガーについて語らう会~

  急な告知となりましたが、8月の哲学カフェのお知らせです。 今回は、カフェで

記事を読む

IMG_2953

【活動報告】存在ってなに?ハイデガーの存在と時間から考えてみる

    哲学カフェの活動報告です。今回はハイデガーの「存在と

記事を読む

no image

ヘレニズムとヘブライズム

  【先生】の投稿です。 ソクラテスが対話相手から知恵を引き出す「産婆法」を提

記事を読む